東京都の高校入試は、逆転が出来る入試制度です!

東京都の都立高校受験では「内申点(調査書点)」と「入試当日の得点」の合計で合否判定が行われます。 しかもその「内申点」は、「中3だけの評価」であるため、中1・中2の成績が少々悪くとも、頑張って中3から成績を伸ばせば、「内申点」が上がり、さらに3年間分の復習に取り組み、実力をつけて「入試当日の得点」をとれれば、中1・中2では無理だと思われた志望校にも逆転で合格できます。 このよ…

続きを読む

当教室の中3生の成績変化(2019/11月)

当教室に現在在籍中の中3生の定期テスト成績変化のグラフです。 (横軸の左端が中2の1学期末テスト、右端が中3の2学期中間テスト、縦軸1目盛が50点) このグラフが示す通り、中3の2学期中間テストの結果(中2の1学期末テスト対比)は、 5教科50点以上アップ  約86% 5教科100点以上アップ 約43% と言う結果です。 入塾試験で生徒を選抜しているわけではな…

続きを読む

テスト直前特訓がんばっています!

本日は、近隣中学の定期テスト直前日曜特訓です。 普段受講していない科目でも、セルモのシステム教材を開放して5科目の勉強をしています。 特に中3生は、今回のテストで高校受験の内申点が確定するので、みんな必死です。 少しでも良い結果が出るよう、全力でサポートしていきます。 みんな、がんばれー! PR

続きを読む

通知表のオール3は「平均」という評価ではないので、高校受験時に選択できる高校がほとんどなくなります。

現在の通知表の5段階評価は、「絶対評価」によってつけられるので、「全員が「5」」といった状況が理論上はあり得ます。 ただ、実感としては「相対評価」と同様に「「5」の生徒は何人まで」といったように割り振られて評価されているように感じます。 建前上「各教科ごとに4つ~5つの「観点別評価」があって、それをABCで評価し、その総合で教科の評価を5段階で決める」ということになっていますが、「観点別…

続きを読む