東京都の高校入試は、逆転が出来る入試制度です!

東京都の都立高校受験では「内申点(調査書点)」と「入試当日の得点」の合計で合否判定が行われます。 しかもその「内申点」は、「中3だけの評価」であるため、中1・中2の成績が少々悪くとも、頑張って中3から成績を伸ばせば、「内申点」が上がり、さらに3年間分の復習に取り組み、実力をつけて「入試当日の得点」をとれれば、中1・中2では無理だと思われた志望校にも逆転で合格できます。 このよ…

続きを読む

通知表のオール3は「平均」という評価ではないので、高校受験時に選択できる高校がほとんどなくなります。

現在の通知表の5段階評価は、「絶対評価」によってつけられるので、「全員が「5」」といった状況が理論上はあり得ます。 ただ、実感としては「相対評価」と同様に「「5」の生徒は何人まで」といったように割り振られて評価されているように感じます。 建前上「各教科ごとに4つ~5つの「観点別評価」があって、それをABCで評価し、その総合で教科の評価を5段階で決める」ということになっていますが、「観点別…

続きを読む

2019年の夏休みはもう2週間経ちました。

夏休みも、はや2週間が過ぎました。 「夏を制する者は、受験を制する」という格言があるように、24時間自分の自由な時間になる夏休みは、受験生にとって本当の勝負所になります。 夏休みが終わると、すぐ9月と11月に定期テストがあります。 ここでしっかり得点をとらなければ、内申点が上がりません。 そのため、夏休み以降11月までは、ほぼ中3生の定期テスト範囲の勉強に時間がとられます…

続きを読む

割り算が苦手な生徒の、共通の特徴とは

割り算が苦手な生徒は、たいてい算数・数学が苦手で、割り算の式を日本語で表現できません。 例を挙げて説明しますと、 「5÷2」 これを「5〇2〇割る」の〇の中に1文字入れて、答えることができません。 答えは「5を2で割る」ですが、特に後半の「2で割る」の「で」がわかっていません。 日本語での表現を理解していないから、先生から説明を受けても、いまいち理解できていませ…

続きを読む

しゃっくりの止め方

しゃっくりが止まらない生徒がいて、止め方を教えてあげたら、効果テキメン。 一発でしゃっくりが止まりました。 今までの生徒もだいたい一発で止まったので、参考として、しゃっくりの止め方をお教えしたいと思います。 (但し、無理はしないでくださいね) <方法> (1)大きく息を吸い込み、肺を出来るだけ膨らませる。 (2)息を止めたまま腹筋に力を入れ、出来るだけ長時間キ…

続きを読む

集団塾と従来型個別指導の長所・短所

今回は、塾をお探しの方のために、集団塾と従来型個別指導の両方の室長経験のある私が、その長所・短所をお教えしようと思います。 (※「従来型個別指導とは、講師と生徒が1:1あるいは1対複数の状態で、紙教材を使用して講師が横から指導を加える指導スタイルのことです) 【集団塾の長所】 • 質の高い先取り学習の授業が受けられ、受験対策しやすい。 • 1学年の…

続きを読む

ミスの発見とその指導は、紙教材よりシステム教材の方がやりやすい

英語が得意な生徒さんでも、こんなミスをたまにはやらかします。 There is a my pen on the desk. この英文には、大きなミスが2つあります。 おわかりでしょうか? 間違いの1つは、冠詞「a」の使い方。 所有格「my」がついた場合は「a」をつけてはいけません。 もう一つは、「There is ~」の構文のルールです。 「my pen」と特定…

続きを読む

夏期講習を受付中です

セルモ深沢教室では夏期講習を受付中です。 中学生は1コマ90分 1,800円(税別) 小学生は1コマ60分 1,200円(税別) で、コマ数に応じて受講料が決まります。 (例)小学生 5コマ 1,200円×5コマ=6,000円(税別)   中学生 15コマ 1,800円×15コマ=27,000円(税別)       20コマ 1,800円×20コマ=36,000円…

続きを読む

テスト直前にやってはいけないこと その2

前回に続き、テスト直前にやってはいけないことの続きを書きたいと思います。 (3)教科書、ワークなどを「見ておさらい」 これは前回でも書いた通り、「インプット」をしているつもりでも、「アウトプット」の練習をしていないので、テスト当日に「あー、これなんだったっけ・・・」となる典型的な勉強法です。 勉強の基本として「アウトプット」主体に行い、「間違った所」「わからなかった…

続きを読む

テスト直前にやってはいけないこと その1

定期テストが近づいています。 テスト勉強は順調に進んでいますでしょうか? 我が教室でもテスト対策を行っていますが、中学生がよくやる「テスト直前にやってはいけないこと」を注意喚起しておきたいと思います。 (1)ノートのまとめ直し 社会や理科でやりがちなのが、この「ノートのまとめ直し」です。 一見良さそうに思えますが、このやり方のまずい所は「頭の中から出力(アウトプット)をしな…

続きを読む

小学校の算数単元テストは100点が当たり前。80点では危険信号。(小6生のチェック)

では、前回の続きで、小6の問題についてもチャレンジしてみましょう。 <小6の問題> (1)6/5mで3/2kgの鉄の棒があります。1mあたりの重さは何kgですか?    3/2÷6/5=5/4  答え 5/4kg (2)縦と横の長さの比が5:6の長方形があります。    周りの長さが88cmだとすると、縦と横の長さはそれぞれいくらですか? …

続きを読む

小学校の算数単元テストは100点が当たり前。80点では危険信号。(小5生のチェック)

中学生で数学(特に文章題)を苦手にしている生徒は多いです。 その原因は、まちがいなく小学校の算数の理解不足にあります。 「計算」ができる生徒は多いようですが、「文章題から意味するところを読み取って論理的に考え、数式を立式する」ということができない生徒が大半です。 「平均」や「濃度」「速さ」といった公式の理解が必要な問題などでは、さらに個人差が際立ちます。 小学校の授業とテスト…

続きを読む