3学期期末テストにありがちな「教科書の最初から全部」といった範囲指定はやめてほしい

都立高校の一般入試が2/21(金)に迫っていますが、その一方で、中1・2年生には3学期の期末テストが近づいています。 ただ、3学期の期末テストでは、テスト範囲を「最初のページから習った所まで全部」といった範囲を指定する先生が、少なからずいらっしゃいます。 しかし、本当にこれで「定期テスト」と呼べるのか、疑問です。 「定期テスト」には、指導する側から見て大きく2つの意…

続きを読む

テストで「ニンジン作戦」は有効か

1学期の期末テストが終わりました。 みなさんお疲れ様でした。 各ご家庭の方針で、「テストで何点以上だったら、欲しいものを買ってあげる」といった「ニンジン作戦」をとられるご家庭もあるようですが、今までの経験から、「ニンジン作戦」では「大きく伸びる」という生徒は育ちにくいように思います。 「ニンジン作戦」が全く効果がないわけではありませんが、限界があるように感じます。 今回そ…

続きを読む

割り算が苦手な生徒の、共通の特徴とは

割り算が苦手な生徒は、たいてい算数・数学が苦手で、割り算の式を日本語で表現できません。 例を挙げて説明しますと、 「5÷2」 これを「5〇2〇割る」の〇の中に1文字入れて、答えることができません。 答えは「5を2で割る」ですが、特に後半の「2で割る」の「で」がわかっていません。 日本語での表現を理解していないから、先生から説明を受けても、いまいち理解できていませ…

続きを読む

「そろばん」だけで数学の成績は上がるか? 

小学生の習い事の上位に「そろばん」が入っています。 ではそろばんは、中学・高校の数学の成績上昇に寄与するのか、長所と短所を考えてみたいと思います。 <長所> ・数字の計算が早くなる。 ・数字に強くなる。 ・数学の基本である「計算」に対して、苦手意識を持たなくなる。 <短所> ・分数の計算ができない。 ・文字式が扱えない。(中学・高校の数学は、文字式での分数計算…

続きを読む

紙教材よりシステム教材の方がメリットは多い

英語が得意な生徒さんでも、こんなミスをたまにはやらかします。 There is a my pen on the desk. この英文には、大きなミスが2つあります。 おわかりでしょうか? 間違いの1つは、冠詞「a」の使い方。 所有格「my」がついた場合は「a」をつけてはいけません。 もう一つは、「There is ~」の構文のルールです。 「my pen」と特定…

続きを読む